どこにでもあるビルを省エネ化する方法を伝授

金網

オリジナルの商品

フェンスを設置する際には、いくつかのタイプから選ぶといいでしょう。快適に業務をこなすために工夫されたフェンスもあるので、いろんな企業が設置をしています。また、素材も豊富でそれぞれ違った印象を与えることができるでしょう。

使用するところだけ使う

建物

オート作用がお勧め

高層ビルなどにいくつものオフィスが入っている場合、その会社によって営業時間は違っていることがあります。そのため、常に電気が遅くまで灯っている階もあるはずです。そうすると、そのビルはなかなか省エネができなくなります。当然、電気代などがかかってしまうことから、ビル全体で省エネを心がけるようにしましょう。そのためには、中に入っているオフィス同士の協力も必要です。もちろん、基本的には使用していないフロアの電気は消灯するようにします。これを徹底するだけでも、かなりビル全体の省エネに繋がっていくはずです。しかし、これをやるには社員みんなの協力が必要になります。それぞれのオフィスで意識的に省エネを考えるようにしましょう。一方、社員たちが気をつけなくても、いつの間にかビル全体が省エネモードになっていたということもあります。それはビルの管理会社の方で省エネ設備を整えている場合です。例えば、オート機能を活用します。人が居ないオフィスは自動的に消灯するというようなサービスを活用するのです。これなら電気のつけっぱなしや無駄遣いも自然となくなっていきます。また、最初から電灯やオフィス機器なども省エネモードのものを使うようにしましょう。電灯はLEDがお勧めです。また、ビジネスフォンやパソコンなど、省エネモードで使えるタイプのものを選択します。それから、高層ビルで屋上があれば、屋上に太陽光発電システムを設置すると省エネになります。

電卓と積み木

経費節約と電力契約

事業活動には一定の経費がかかるものですが、電気料金のコスト削減は多くの企業にとって重要な課題です。電気料金のコスト削減につながる手法にはいくつかの種類がある中で、電力会社や契約プランを変えるだけでも料金が違ってきます。新電力事業者は一般電気事業者よりも基本料金を安く設定している場合が多いものです。

クリニック

理想通りの空間を実現

新たにクリニックを開業する際には、クリニック設計を積極的に請け負っている設計事務所に依頼しましょう。信頼できるところであれば、完成まで管理業務にも携わってくれるため、オーナーの意向をしっかりと反映させることができます。